mySQL コマンド まとめ

rails開発のためのmysqlのコマンドのメモです。

バージョンは、#Server version: 5.7.18 Homebrewです。

パスワードを設定する

 # 1.MySQL停止
$ mysql.server stop
# 2.MySQL起動
$ mysql.server start --skip-grant-tables
# 3.MySQLに接続
$ mysql
# 4.データベース選択
> use mysql;
# 5.パスワードupdate
> update user set authentication_string=PASSWORD("パスワードを記述") where User='root';
> flush privileges;
# 6.MySQLを再起動
> quit;
# MySQL再起動
$ mysql.server stop
$ mysql.server start

ログイン

# rootでパスワードを後から入力してログインする
$ mysql -u root -p
$ #{設定したパスワード}

# パスワードを指定してログインする方法
$ mysql -u root -p#{設定したパスワード}

データべースの削除

# データベースの一覧を表示
mysql> show databases;

# 実際に削除を行う
mysql> drop database 'データベース名';

# 終わったら抜ける
mysql> exit;

その他

# railsで使うDBを使う
$ rake db:create
# $ rails db:create

# ユーザーを作成する
mysql> CREATE user 'ユーザー名'@'localhost' identified by 'パスワード';

# 作成したユーザーの確認
mysql> select User,Host from mysql.user;

# 作成したユーザーに権限を付与します。
mysql> grant all on *.* to 'ユーザー名'@'localhost';

#mysql.sockファイルがある場所を調べるコマンド
$ mysql_config --socket

参考

MySQLのパスワードを忘れてしまったとき – Qiita

RailsのDBを(初めから| |後から)MySQLに変更する – Qiita

Rails5,MySQLの開発環境構築を行う – Qiita

データベースを削除(DROP DATABASE文) – データベースの作成 – MySQLの使い方

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

同じカテゴリの前後の記事


  1. KATOON.NET
  2. WEB
  3. mySQL コマンド まとめ